債務整理とは?

消費者金融、クレジット会社などのキャッシングの利息を見たことがありますか?
契約書に必ず記載されているので確認していただきたいのですが、ほとんどが利息が年18%を上回っています。
利息制限法では、法定金利が決まっています。

法定利息は借入金額により以下のように定められています。
借入額 10万円未満           年20%
借入額 10万円以上100万円未満 年18%
借入額 100万円以上          年15%

しかし、ほとんどの会社がこれ以上の利息をとっています。それは、出資法という法律が根拠となっています。
出資法では、一定の条件を満たせば年29.2%の利息を取ることが認められていますが、この一定の条件を満たしている会社はないといっていいと思います。しかし、この条件を満たしていなくても年29.2%まで利息を取っても罰則規定がありません。
そのため、各会社は、この一定の条件を満たしているという建前から利息制限法の法定金利以上の利息を取ってるのが現状です。

債務整理とは、各債権者から取引履歴に基づき利息制限法の制限利率を超過している場合について、制限利率とする引き直し計算を行います。
以下の表は引き直し計算の一例です。

※ 平成18年9月1日にA社から30万円借入した例

利率29.2%の場合

 

 取引日 借入  返済  利息  残金 
 H18.9.1 300,000   

 

 300,000 
 H18.9.30   10,000   6,960  296,960 
 H18.10.30   10,000  7,127  294,087 
 H18.11.30   10,000   7,293  291,380
 H18.12.28   10,000   6,526  287,906
 H19.1.31   10,000   7,831  285,737
 H19.2.5  30,000    1,142  315,737
 H19.2.27   10,000   5,556  312,435
 H19.3.31   10,000   7,998  310,433
 H19.4.30   10,000   7,450  307,883
 H19.5.30   10,000   7,389  305,272
 H19.6.30   10,000   7,570  302,842
 H19.7.31   10,000   7,510  300,352
 H19.8.31   10,000   7,448  297,800

利率年18%の場合

 

 取引日 借入  返済  利息  残金 
 H18.9.1 300,000   

 

 300,000 
 H18.9.30   10,000   4,290  294,290 
 H18.10.30   10,000  4,353  288,643 
 H18.11.30   10,000   4,412  283,055
 H18.12.28   10,000   3,908  276,963
 H19.1.31   10,000   4,643  271,606
 H19.2.5  30,000      669  301,606
 H19.2.27   10,000   3,272  295,547
 H19.3.31   10,000   4,663  290,210
 H19.4.30   10,000   4,293  284,503
 H19.5.30   10,000   4,209  278,712
 H19.6.30   10,000   4,260  272,972
 H19.7.31   10,000   4,173  267,145
 H19.8.31   10,000   4,084  261,229

 利息が29.2%と18%では、1ヶ月利息が約3,000円の差があります。そのため、数年も払い続けている人は、残元金が払いすぎの状態になっている場合があります。これを過払金といいます。時効にかかっているなどの事情がない限り取戻すことが可能です。
このように、引き直し計算により、本来支払うべき金額を確定し、以下の通りの手続きによって問題を解決していきます。

主な手続き(クリックすると詳しい説明が表示されます。)

任意整理

過払返還請求

自己破産

個人再生手続